飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム北海道」

ニュースフラッシュ北海道一覧

  • 札幌出前タクシー「食べタク」実証実験開始 中央区・西区の掲載飲食店募集中

    飲食店の商品をタクシーが出前する「札幌出前タクシー『食べタク』」サービスの実証実験が4月17日から始まった。運営は札幌出前タクシー実行委員会。

    新型コロナウイルス感染拡大で、観光客の減少、外出自粛の影響で、飲食やタクシー業界は大幅な売り上げ減少が継続中。同サービスでは、休校や在宅ワークで3食を自宅でとる人が増加していることから、消費行動の変化に対応し、事業継続可能な需要を喚起することを目的に、札幌市内のタクシー会社と飲食店を結び着ける救済事業。「食べタク」サービスは、タクシー事業者の救援事業を活用し、自社で出前機能を持たない飲食店と消費者をつなげる役割を果たす。

    同サービスへの掲載は無料。現在は西区・中央区の掲載店を募集している。他の区に関しては協力タクシー事業者が決まり次第、順次募集を行う。問合せや掲載の申し込みは「食べタク掲載申し込み」ページから。

    食べタク掲載申し込みはこちら
    https://request.tabetaku.jp/

    同サービスは新型コロナウイルス感染症収束まで実施。

  • 新型コロナウイルス感染拡大で札幌商工会議所が「緊急在庫処分SOS」掲示板開設

    札幌商工会議所(札幌市中央区北1西2)が現在、「新型コロナ経済対策掲示板『緊急在庫処分SOS!』」を開設している。

    同会議所によると、新型コロナウイルス感染拡大の影響から、イベント中止や飲食店等への来店客減少により、需要が急減。北海道内の食品関連企業に過剰在庫などの影響が出ている。
    同掲示板では、過剰在庫を抱えた道内企業の売り上げ回復、販路確保を目的に各企業の販売情報を掲載する。

    掲示板の掲載申し込みは同会議所で随時受け付け。掲載は過剰在庫が解消され次第終了する。

    新型コロナ経済対策掲示板『緊急在庫処分SOS!』はこちら
    https://sos.sapporo-cci.or.jp/sos-1.html

  • 「『十勝』の飲食店を応援して欲しい!」——エイムカンパニーがクラウドファンディング実施

    帯広市、札幌市で20店舗を展開する株式会社エイムカンパニー(北海道帯広市大通南9丁目10番地1 Aim Bld.2F、代表取締役:佐藤慎吾氏)が、クラウドファンディングを立ち上げた。

    同プロジェクトは参加店舗への寄付または食事券の2種類を用意。
    参加全店への寄付は1,000円、5万円、10万円、50万円を用意した。
    食事券は2,000円の寄付で2,200円分、5,000円の寄付で5,500円分、1万円の寄付で1万1,000円の3種類を用意。リターンを受け取るには、寄付後に届くメールに応援したい店舗名と口数の内訳を記入し返信が必要。リターンの食事券の有効期間は5月15日〜11月14日まで。

    3月28日現在、帯広市内の38店舗が参加。プロジェクトには十勝管内の店舗限定で参加を受け付けている。クラウドファンディングへ参加希望の場合は、以下のページの詳細から。

    プロジェクトはフリーゴール方式。4月20日まで。

    エイムカンパニーが行うクラウドファンディングページはこちら
    https://actnow.jp/project/jail241077/detail
    問合せは株式会社エイムカンパニー佐藤慎吾氏(TEL 090-8900-0600)も受け付ける。

  • 「美味しいジンギスカンで北海道を元気に」——「かねちゃん」がクラウドファンディング実施

    札幌市内を中心にジンギスカンやモルモン焼肉の店「かねちゃん」を4店舗運営する株式会社イーザック(北海道札幌市中央区北8条西14丁目28番地72、代表取締役:金子正義氏)がクラウドファンディングを立ち上げた。

    同プロジェクトでは永続プレミアムプリペイドカードをリターンとして用意。5,000円の支援で、同社グループ4店で使える5,500円分チャージされたプリペイドカードが進呈される。このプリペイドカードは飲食した金額を都度、残額から引き落とされる方式。残額が0円になるまで、来店毎に使用可能。残額が0円になったらグループ各店で再度5,000円チャージ可能で、チャージする度に500円のボーナスを永続的に付与する。
    リターンはこのほかにも1万円で1万2,000円、2万円で2万8,000円、4万円で6万円、10万円で15万円を用意した。

    プロジェクトはAll-In方式。4月28日まで。

    【打倒コロナウイルス】美味しいジンギスカンで北海道を元気にしたい!

  • 「札幌つなぐ横丁」が7月1日オープン。札幌駅徒歩4分の距離に15店舗350席を設ける

    7月1日、「札幌つなぐ横丁」が西側WEST6にオープンする。

    「人と人、地域と地域をつなぎ、横丁文化を札幌から世界に!」をビジョンに掲げ、15店舗350席を用意。
    焼き鳥、鉄板焼き、肉バル、鉄鍋餃子、寿司、おばんざい、野菜巻串、モツ料理、タイ料理、馬刺し、牛タン、刺身、たこ焼き、カキ小屋、スナックとさまざまな業態の店が一堂に会する。

    ■住所:札幌市北区北6条西6丁目JR札幌駅西口高架下

  • 札幌・すすきのに「一蘭」オープン。国内外85店目

    1月23日、株式会社一蘭(福岡県福岡市博多区中州、代表取締役社長:吉冨学)が「一蘭 札幌すすきの店」を「ノルベサ」(札幌市中央区南3西5)1階にオープンする。

    同店は国内外合わせて85店目で、北海道初進出となる。
    北海道進出の経緯について同社は「関東より北に店舗がないため、新たな挑戦となった。しかし、北海道出店への要望を多くもらっていたため、こうした声に応えるべく、準備を重ね出店に至った。札幌エリアは道内からはもちろん、国内外問わず多くの人が訪れる場所。多くの人に本場・本物のとんこつラーメンを味わってもらえると考えている」と話す。

    店内は北海道初進出にあたり、一蘭独自のシステムはもちろん、博多の雰囲気を感じられる屋台や夜店をイメージした内装。また、より深く味わってもらうため、43席すべて味集中カウンターとした。

    ■住所:北海道札幌市中央区南3条西5丁目1−1 ノルベサ1F ■時間:10:00〜翌4:00

  • 札幌・狸小路に「KURA-KURA」が11月10日オープン。閉店したKOPITIAM(コピティアム)の店長らが運営

    11月10日、「KURA-KURA(クラクラ)」が狸小路7丁目にオープンした。

    同店は今年9月9日に惜しまれつつ閉店したシンガポールスタイル・コピティアムの隣に、当時の店長らがオープンした。メニューは「コリアンダーサラダ」(750円)、「旨ダレ木耳」(400円)、「サテ(鶏)」(2本300円)、「カンコン(空心菜の炒め)」(880円)、「ミーゴレン」(750円)、「肉骨茶(バクテー)」(980円)、「ココナツ団子」(2個350円)などを用意。ドリンク類はカクテルのほか、タイガービールなどアジアのビールも揃える。

    店内はコピティアムのコンセプトを引き継ぎアジアンな雰囲気。カウンター席とテーブル席を合わせて20席を用意した。

    ■住所:北海道札幌市中央区南3西7-5 ■電話:011-272-8070 ■時間:18時〜24時 ■定休日:火曜定休

  • イーストンと175°DENO担担麺がコラボ。2020年1月31日まで限定メニュー提供

    イタリアンや焼鳥などの飲食店を経営するイーストン(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:大山泰正氏)は、いただきコッコちゃんの焼鳥業態で2020年1月31日まで175°DENO担担麺(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:DENOミツヒロ氏)とのコラボメニューを提供する。イーストンは北海道、仙台、首都圏で北海道イタリアン、北海道焼鳥を中心に現在全国で42店舗運営しており焼鳥業態は15店舗。

    提供するのは「『奇跡の北海道コラボ』175°DENO担担麺×いただきコッコちゃん」で、「旨辛担担鍋(1~2人前)」(980円)。辛さは「しびれない」(0円)、「しびれる」(0円)、「すごくしびれる」(+100円)から選べる。
    このほか、175°DENO担担麺の175°辣油、花椒を使用した旨辛メニューとして、「凍れ!痺れ!!鶏皮揚げ」(390円)、「痺れきゅうり」(290円)、「コッコのよだれ鶏」(390円)を提供する。

  • 11月5日、175°DENO担担麺、カップ麺第2弾全国発売開始

    11月5日、札幌発の担担麺専門店「175°DENO担担麺」のカップ麺「175°DENO担担麺」が全国のファミリーマートで数量限定販売する。価格は226円。

    同商品は「175°DENO担担麺」が監修し、ラー油、練りごまを合わせた濃厚ダレに花椒と赤唐辛子を混ぜ合わせた痺れ・香り・辛味が特徴。

    ■詳しくはこちら

  • 札幌・大通エリアに「北海道炊き肉『北のメグミ』」が9月2日オープン。特殊鍋で北海道産食材を提供

    9月2日、株式会社ファーストライフ(北海道札幌市中央区南1条⻄6丁目4−1 第27桂和ビル2F、代表取締役:高橋一生)が「北海道炊き肉『北のメグミ』」をオープンした。

    同店は北海道産食材を使用し、北海道らしい味付けにアレンジを加えた鹿児島発祥の炊き肉を特殊鍋で提供する。提供する炊き肉は「鹿児島産かごしま黒豚」(4000円)、「道産サフォーク」(4000円)。このほか、札幌で唯一同店だけが一頭買いで仕入れている「はまなか ほえいとん」(3000円)も用意。スープは「黒毛和牛ステールスープ」「鶏スープ」「昆布だし」の3種類から選ぶことができる。このほか、北海道の有名ラーメン店・白樺山荘の店主が完全プロデュースをした「〆の一品」(200円)も提供する。

    店内は40席を用意。夜になると市電通り沿いを一望できる。少人数利用も可能な席配置となっており、テーブル同士を結合することで、大人数での利用も可能(最大55人まで収容可能)。キッチン向かいのカウンター席は2人限定のカップルシートとなっており、景色を眺めながら炊き肉を楽しめる。

    ■住所:北海道札幌市中央区南1条⻄6丁目4−1 第27桂和ビル2F ■電話:011-215-1110

  • 札幌・清田に「175°DENO担担麺 LoungeHOKKAIDO」が8月6日オープン。花椒・自家製ラー油の量り売りも

    8月6日、札幌を中心に東京、新潟、福島に11店を展開する店展開する、株式会社 175(札幌オフィス:北海道札幌市北区北 7条⻄4丁目1-1東カン札幌ビル 6F、代表取締役:DENO ミツヒロ、以下175°DENO担担麺)が12店舗目となる「175°DENO担担麺 LoungeHOKKAIDO」をオープンする。

    175°DENO担担麺は『担担麺をとことんこだわったらどのようなものが生まれるのか?それを食べてみたい』と思った店主が四川省成都をはじめ、日本の有名店を食べ歩き担担麺に通じる様々な業態の繁盛店で修行し渡り歩いた集大成。本格四川料理技術と日本のラーメン技術を融合させ、四川の担担麺でも日本の担担麺でもない、店主オリジナルの担担麺が生まれた。店主オリジナルという意味を込めて「DENO担担麺」と名付けた。

    新店である「175°DENO担担麺 LoungeHOKKAIDO」では担担麺の提供のほか、カフェ機能などを備える。カフェコーナーでは担担麺との相性を考え、中国から仕入れた花咲く中国茶を使用した「花咲く工芸tea」(600円)や北海道砂川の「岩瀬牧場」のミルクを使用した「ソフトクリーム」(380円)などを提供。ソフトクリームにはラー油をトッピングすることも可能だ。

    このほか、食育プログラムの一環として担担麺作り体験コーナーを設けるほか、子ども連れでも安心して訪れられるようキッズスペース「トドラーズラウンジ」を用意する。

    また、花椒・自家製ラー油は量り売りも行われ、時間によってはラー油を作る工程を見ることもできる。

    ■住所:北海道札幌市清田区清田二条1-3-8 ■電話:011-802-1757

  • 7月20日、旭川・買物公園に「和酒角打 うえ田舎(うえだや)」がオープン。和酒に特化した新店舗

    7月20日、旭川市のメインストリートである買物公園に「和酒角打 うえ田舎(うえだや)」をオープンする。運営は今年7月に創業50周年を迎える「うえ田」(北海道旭川市3条通6丁目うえ田ビル1階)。

    同店は代表が全国の酒蔵を回り、15蔵約200種類の日本酒を店頭で販売。北海道最多の3社が蔵を構える旭川ならではのラインナップで地酒の魅力も併せて発信する。酒だけでなく、旭川を中心とした厳選素材のつまみを提供するほか、酒器にもこだわり「食とお酒を楽しむ場」をトータルコーディネートする。

    既存の店舗でも行っている「角打ち」を、食とのペアリングに特化したスペースへ。「繁盛店請負人」としてしられる飲食店コンサルタントの河野祐治氏と、全国の繁盛飲食店をデザインしてきたスタジオムーンの乙部隆行氏がタッグを組み、新しい空間を作り出す。

    同社は創業以来、旭川の料飲店との取引を行い、飲食に関する様々な情報を一般の消費者へ提供する事で「うえ田舎から市内の個人経営飲食店」という流れを作る。また、市内近郊の生産者(食材、惣菜、酒器)の商材を扱い、地元住民や観光客へ旭川の魅力を発信していく「HUB(ハブ)」的存在を目指す。

    ■住所:北海道旭川市4条通8丁目十字屋ビル1階 ■電話:0166-25-8222

  • 6月23日、札幌・すすきのに「蟹のつめ」がオープン。北海道初のカニしゃぶ食べ放題専門店

    6月23日、札幌・すすきのに「蟹のつめ」がオープンした。運営は「赤から」などの飲食店を375店舗展開する甲羅(本社:愛知県豊橋市、代表取締役:鈴木 勇一氏)。

    「こだわり抜いた自慢のカニをお腹いっぱい楽しく美味しく味わってもらう」というコンセプトのもと、こだわり抜いたカニを定額で味わえる「カニしゃぶ」と「茹でガニ」の食べ放題専門。外国人客にも対応しており、メニュー表は英語、繁体字、簡体字、韓国語を用意。宗教上肉が食べられなくても、満腹になるまで食べられると魅力を話す。

    用意したカニは「本タラバ」「本ズワイ」「毛ガニ」の3種類。いずれもカニの目利きのプロが検食し、納得のいくものだけを用意した。コースは本タラバ、本ズワイのしゃぶしゃぶをメインにした「本たらば・本ずわい蟹しゃぶと茹で蟹食べ放題」(1人1万円、会員価格8,500円)、本ズワイをメインにしたしゃぶしゃぶ食べ放題の「2 種の蟹しゃぶと 2 種の茹で蟹食べ放題(茹でタラバお1 人 1 皿付)」(1人9,000円、会員価格7,500円)。このほか「2種類の蟹しゃぶと本ずわい茹で食べ放題」(1人8,000円、会員価格7,000円)、「蟹しゃぶと茹で蟹」(1人7,500円、会員価格6,500円)なども用意する。

    ■住所:北海道札幌市中央区南 4 条西 5 丁目 レストランプラザ札幌 2 階 ■電話:011-511-9977

  • 7月8日、札幌・北24条エリアの「港町のモンキチ」が業態変更。魚屋と飲食店を掛け合わせた新業態「シハチ鮮魚店」に

    7月8日、札幌・北24条商店街に「シハチ鮮魚店」がオープンする。運営はラフダイニング。

    同店は1日を通して来店できる店となる。朝は卸売市場や浜から買い付けした鮮魚を切り身などで販売。昼はアルコールも提供し、海鮮丼などを提供。鮮魚を購入し、その場で食べることも可能。夜は酒場になり、水槽から出す活貝、刺身盛り、カルパッチョ、ブイヤベースなどとともに日本酒を楽しめる。

    既存店の「港町のモンキチ 北24条店」は6月30日まで営業。

    ■住所:北海道札幌市北区北24条西2丁目1-13 ベアーズ24ビル ■電話:050-3460-9567

  • 5月20日、札幌・大通「Le trois ル・トロワ」の「スパイスマーケット」が業態変更。北海道初の発酵熟成豚専門店「しゃぶしゃぶ八木」に

    5月20日、札幌・大通の「Le trois ル・トロワ」に発酵熟成豚専門店「しゃぶしゃぶ八木」がオープンした。運営はGranVillage。

    同店は明治大学とフードイズム「旬熟成」で開発した「エイジングシート」を使用した発酵豚肉を提供。樽前山の湧き水を飲んで育った低脂肪、低カロリー、高タンパクが特徴の「樽前湧水豚」を使用する。発酵熟成させることで豚肉はより甘みが増すという。

    提供されるメニューは発酵熟成豚9部位を中心に、和牛、つくね、キノコ類など。しゃぶしゃぶで「ショルダー」(100グラム・540円)、「ナカバラ」(100グラム・648円)などを部位ごとに食べられる。発酵熟成豚と熟成していない豚を食べ比べできる「食べ比べコース」(3,500円~)も用意した。
    しゃぶしゃぶのつけダレはすべて自家製で「季節の柑橘を使用したポン酢」「トリュフの風味香るトリュフダレ」「あっさり軽いゴマだれ」の3種類を用意。いずれも甘みのある発酵熟成豚に合うよう工夫されている。

    ■住所:北海道札幌市中央区大通西1-13 ル・トロワ8階 ■電話:011-596-6767

1 / 3123
Copyright © 2014 FOOD STADIUM HOKKAIDO All Rights Reserved.