飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム北海道」

インタビュー一覧

  • 「国内、海外の両輪で出店ペースを加速させる」――「175」DENOミツヒロ社長インタビュー

    2013(平成25)年4月、北海道・札幌に「175°DENO担担麺」本店をオープン。2017(平成29)年7月には社内独立のFC1号店として175°DENO担担麺札幌南口店をオープンする。同年10月には加盟企業によるFC1号店として175°DENO担担麺燕三条店を新潟県・燕三条にオープンし、道外初進出。2018(平成30)年1月には東京・銀座にオープンし、東京初進出を果たす。2019(平成31)年3月にオープンした175°DENO担担麺本郷三丁目店(東京都)で店舗数が10店舗を突破。現在はグループ12店舗となった。DENOミツヒロ社長が描く、次の展開とは?…
  • 「北海道を代表する会社を作りたい」――「ワンダークルー」渡邊智紀社長インタビュー

    「エゾバルバンバン」「魚人」など、札幌を中心に18店舗(うち、FC3店舗)を展開するワンダークルーは、飲食店の経営・プロデュース、フランチャイズ事業、イベント・催事の出店、フードデリバリー、印刷物の企画・デザイン・編集・制作・販売、Webサイト制作、広告物制作など多数の事業を手がけている。代表取締役の渡邊智紀さんは24歳のときに夢の実現に向け、期限を設けて実行してきた。ワンダークルーの次なる展望とは?…
  • 「SPAで北海道の鮮魚を安く・全国に」――「ラフダイニング」大坪友樹社長インタビュー

    居酒屋「港町酒場もんきち」を中心に北海道で9店舗、長野県松本市に北海道海鮮業態開発プロデュースを行った「シハチ水産」のほか、北海道の鮮魚のEC流通・卸を行う「SHIHACHI」などを展開する「ラフダイニング」は、北海道らしい新鮮な鮮魚を手頃な価格で提供する店を多数展開している。代表取締役社長の大坪友樹氏は上場企業の専門商社から飲食業界に飛び込んだ。産直の仕入れルートの開発や、長野県松本市での業態プロデュースなど北海道外にも活動の幅を広げている「ラフダイニング」の展望とは。…
  • シリーズ まだまだブレイクする 札幌の外食イノベーター 第1回

    美容業界から外食ビジネスに飛び込み、「ザ・ミートショップ」などのヒット業態を生み出している株式会社BUNSの高原健一郎代表。レベルの高いデザイン力と徹底した数値分析を武器に、札幌の飲食業界に新しい〝うねり〟を巻き起こしている。…
Copyright © 2014 FOOD STADIUM HOKKAIDO All Rights Reserved.