飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム北海道」

ヘッドライン

札幌・大通の「ミートボールファクトリー」が業態変更。ネオ酒場「富士山(ふじやま)」で気軽に寄れる店を目指す

外からでも目立つ看板が目印
明るい店内は55席を用意。壁には大きな富士山が描かれている
寿司(100円~)は1貫から注文可能
最初の一品として注文したい「モツ煮込み」(400円+100円でゆで卵)
左から統括マネージャーの堀口貴裕氏、総料理長の八木雄大氏、代表取締役の村上大祐氏、店長の山田アユミ氏

4月19日、札幌・大通エリアの「ミートボールファクトリー」が業態変更し、「大衆酒場 富士山(ふじやま)」となった。札幌市内にしゃぶしゃぶ店やカラオケルームを経営するGranVillage(北海道札幌市、代表取締役:村上大祐氏)の3店舗目。

同店は「週2、3回気軽に寄れる店」を目指し、寿司・串・おでんは100円からという低価格で提供。全品500円未満に設定し、高い頻度で通えるような店を目指す。

カラオケルームからはじまった同社。女性をターゲットにニッチな分野で店舗展開

GranVillage代表取締役の村上大祐氏は北海道札幌市出身。学生時代に友人の父が経営する居酒屋でアルバイトをした際、客や店主など大人に褒められた経験から飲食業界に飛び込んだ。札幌の飲食店グループに就職したのち、独立。

創業店は札幌市営地下鉄南北線・麻生駅近くの「カラオケルームgrazie(グラッツェ)」。創業当時のことを村上氏は「やりたい業態ではありませんでしたが、麻生というマーケットにはカラオケ店が1店舗しかありません。しかし麻生駅は地下鉄・バスの乗降客数が多く、人が多いエリアだったことから、カラオケ店は地域に必要とされるのではないかと思いカラオケ店を開業しました」と話す。
その後、2店舗目として女性をメインターゲットにし、150席の野菜専門店を札幌駅近くに開業。当時は月間1000万円ほど売り上げがあったという。この店の経営をきっかけに、女性が求めるものがクリアに見え始め、3店舗目の出店につながった。

3店舗目の出店に際し、村上氏は「当時は『ニッチ戦略』と呼んでいて。居酒屋という業態で出店するとライバルがすごく多いですよね。ライバルが少ない業態を狙うことで、一番になれる。また、札幌のアジア料理店は比較的客単価の高い店が多かった。安くて若い子が来られるアジア料理店は少なかったので、アジア料理店に決めました」と話す。3店目のアジア料理店は150席を用意し、手頃な価格でアジア料理が食べられると話題になった。

アジア料理店を売却後、女性向け商業ビルのテナントとして、「タイ・ベトナム料理」の専門店をオープン。その後はミートボール専門店を開店させた。

誰でも気軽に毎日行ける。手頃な価格が魅力なネオ大衆酒場

同店はミートボール専門店「ミートボールファクトリー」を業態変更したもので、内装も大きく変えた。印象的なのは壁一面に描かれた富士山で、日本を強く感じられる内装となった。また、約70灯の照明で店は明るい印象となっており、開放的で明るい、「ネオ大衆酒場」だ。

メニューはすぐに提供可能な「おでん」(100円~)「もつ煮込み」(400円)をはじめ、寿司や刺し身、焼き鳥、焼き魚など。豊富なメニューを揃えている。調理はできるだけ店内で行うことで、いずれの料理も手頃な価格で提供できているという。低価格だが、別海町・尾岱沼(おだいとう)の漁師から直接仕入れているホタテやアサリなども提供しており、北海道らしい新鮮な海産物を味わえる。

人通りが多い立地のため、ランチタイムも営業中。ランチタイムは寿司を中心に据えた「寿司ランチセット」(700円)を提供。日替わりの寿司5貫、唐揚げ、ポテトサラダ、味噌汁がついているためボリュームも十分で、主に男性から好評だという。ランチは3種類を用意しているが、いずれもボリュームたっぷり。今後はランチタイムも充実させていきたい、と総料理長の八木雄大氏は話す。

地域に長く必要とされる店を目指して

同社はこれまで女性をメインターゲットに店を展開してきた。これは「自分が作りたいもの、店をやる」という村上氏の思いによるもの。しかし、「年配のご夫婦がふたりで長く経営されているようなお店は地域で愛されているお店。当社も地域に愛され、長く続く店を経営したいと思うようになった」と村上氏が話すように、「大衆酒場 富士山(ふじやま)」は同社のこれまでの店とは大きく異なるコンセプト。「大衆酒場はどんなところなのか、若い子はよく知らないと思う。だからこそ、『富士山』は若い子でも入りやすいよう、明るく、開放感のあるネオ大衆酒場にした。若い子には新鮮、中高年にはどこか懐かしいと感じてもらえる店にしていきたい」と話す。

5月下旬にはもう1店舗業態変更を行い、しゃぶしゃぶ店を開店する。同社の老若男女に愛され、長く続く店の経営という思いはまだ始まったばかりだ。

(取材=中田 徹)

店舗データ

店名 大衆酒場 富士山(ふじやま)
住所 北海道札幌市中央区南2条西3丁目 K-23 Bld 2F
アクセス 札幌市営地下鉄南北線・東西線・東豊線大通駅から徒歩3分
電話 011-522-7922
営業時間 12:00~23:00(L.O. 22:30)
定休日 無休
坪数客数 38坪55席
客単価 2000円
運営会社 GranVillage
オープン日 2019年4月19日
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM HOKKAIDO All Rights Reserved.