飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム北海道」

ヘッドライン

札幌・麻生エリアに中華料理店オープン。3年温めたアイディアを実現

盛り上がる麻生駅前の位置する。はじめて訪れてもわかりやすい
50席用意する店内はカジュアルな雰囲気
揚げ餃子、焼き餃子はもちろん、トッピング餃子(エスニックガパオ・5個590円)も楽しめる
写真撮影する人が多い「大人のクリームサワー」(各490円)
WONDER CREW代表取締役の渡邊智紀(左)と店長の中野貴敬氏

11月7日、札幌・麻生エリアに「麻辣(マーラー)パーラー」(北海道札幌市北区麻生町3−10−5 北日本麻生ビル2F)がオープンした。運営は北海道を中心に香川、愛知、長野などに飲食店をフランチャイズ展開するWONDER CREW(北海道札幌市、代表取締役:渡邊智紀氏)。

27歳で独立。FC展開、CK導入など拡大し続けるグループ

WONDER CREW代表取締役の渡邊智紀氏は北海道札幌市出身。札幌市内の大学を卒業後、大手紳士服チェーン店に就職。27歳のとき、野菜とバルを掛け合わせた「北海道農園野菜バル Veggyの家」(現在は閉店)をオープンした。渡邊氏は「野菜をメインに据えることで女性を取り込めるのではないか? と考えました」と話す。

創業時は資金に余裕もなく、求人情報誌などに情報を掲載できなかったことから、調理師専門学校の前でスカウトしたり、ツテをつかって集めてみたりと人材をなんとか確保。はじめの3ヶ月は立地もあり集客に苦労したという。その後、地道にメニューやサービスのブラッシュアップを続けたところ、リピーターも増加し、月500万円を売り上げるまで成長した。
創業店から1年半後、「Veggyの家」のコンセプトはそのままにバー業態に転換した「スペインバルLittle VEGGY」をオープン。さらにその1年後には3店舗目となる「FISHMANS MARUYAMA」をオープンした。

出店スタンスは「やりたいことをやる」より、立地に合わせて業態を開発していくという同社。路面に店舗の顔を作りたいため、2階以上の物件には基本的に出店しないという出店戦略をとっている。物件の周囲の状況などを綿密に調べ、ニーズのある業態開発を行っている。そのなかで好調だったのが「エゾバルバンバン」と「魚人」。同店はFC展開も行い、香川、長野、愛知などにも店舗を広げている。

中華料理と酒を楽しめる店

そんな同社が11月オープンしたのが、同社初の業態となる中華料理店。2019年3月、麻生駅前の物件に空きが出たことから「勢いで申し込んだ」という渡邊氏。しかし、会社の優先順位としてオープンが一番ではなく、やるべきことを済ませているうちに11月になってしまったと話す。渡邊氏は「麻生の五叉路は札幌の『渋谷スクランブル交差点』だと勝手に思っています(笑)。そんなエリアに出店できたことは嬉しい」と話す。

店舗面積は24坪。席は50席を用意。出店にあたっては、「札幌・北区、北大通りには中華料理店が多く、北区民は中華が好きな食文化ができていると予想しました。しかし、既存店は中華料理を楽しめる店はありますが、『中華とお酒を楽しめる店』は多くなかったので、今回は中華とお酒を楽しめる業態を開発。中華はもともと自分が好きで、昔からやってみたいというジャンルでもありました。『麻辣パーラー』では通常の居酒屋メニューのほか、トレンドの痺(しび)れを加えたものを揃えました。いろいろな痺れを楽しんで欲しいですね」と渡邊氏は話す。

人気のメニューは「手包餃子」(5個490円〜)で、商品開発にも苦労したそう。渡邊氏は「餃子は大衆的なもので、今は冷凍餃子も充実しており、どれを購入してもおいしいものばかり。そのなかで、私たちがどのように付加価値がある餃子を提供できるかを考えました。その結果、すべて自家製にし、毎日朝から1個1個手包みで仕込むことに。大きい皮に包むことで、もちもちとした食感を生み出せました」と話す。
また、店名に含まれている「パーラー」には飲食物を提供する店という意味もある。そのため、同店ではドリンクも充実させた。なかでも「大人のクリームサワー」(各490円)は驚きを提供したいという目的で、クリームソーダに焼酎を入れグラスからデザインした。来店客の多くが写真を撮っているという。

FCのオファーがある店に

今後の展望として「FC展開したいとオファーがある店にしたいですね。そのために手包餃子のテイクアウトや催事への出店、他店へ商品提供をしていけるようになりたいと考えています。現在はまだまだのお店ですが、地元で100パーセントにまで店の価値を高め、札幌の中心部・大通にこの業態で進出したいです」と渡邊氏は話す。

また、WONDER CREWとしては、2020年は4店舗の新規出店を予定。2月にはエゾバルバンバンの業態で東京に1店舗出店する。渡邊氏は「今までは理想で経営をしてきました。しかし、数字をきちんと見て、『利益を出す』という現実的な店舗経営を社員一同、ONE TEAMになって目指していきたいです」と展望を話した。

来年も出店が続くWONDER CREW。今後も地域にあった業態で店舗展開をしていく。

(取材=中田徹)

店舗データ

店名 麻辣パーラー
住所 北海道札幌市北区麻生町3-10-5 北日本麻生ビル 2F
アクセス 札幌市営地下鉄南北線麻生駅から徒歩1分
電話 011-790-7959
営業時間 17:00~23:30
定休日 月曜
坪数客数 24坪 50席
客単価 3000円
運営会社 WONDER CREW
オープン日 2019年11月7日
関連リンク WONDER CREW
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM HOKKAIDO All Rights Reserved.